« 安達太良の山を覆へる黒雲の下で桜は散りゐたるなり | トップページ | 乾きたる初夏の空気の彼方より滲みもせずに夕日は届く »

2012年5月16日

夏の気を吸ひてピンクの花びらに吹き込みゐるか薄紅葵

Mallow blesses summer air / To blow pink flowers out / Of its fresh green stem


Wl120516

今年も裏の土手にマロウ (ウスベニアオイ) の花が咲いた。かなり生い茂っているが、これもウチの庭から広がったものだと思う。

ハーブとはいえ、土手に咲いてしまったら雑草扱いだから、市の草刈り部隊がどんどん刈ってしまうだろう。しかし刈っても刈っても、また生えてきて咲く。さすがにハーブは逞しい。

今日は気温が二十七度ぐらいになって、かなり暑さを感じた。これからますます、マロウが目立つ季節になる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 安達太良の山を覆へる黒雲の下で桜は散りゐたるなり | トップページ | 乾きたる初夏の空気の彼方より滲みもせずに夕日は届く »

コメント

こんにちは!
あら、葵はハーブなんですか?
知りませんでした~~

この和歌はすてきだと思います。
いいですね~

投稿: tokiko | 2012年5月19日 15時02分

tokiko さん:

ウスベニアオイは、タチアオイなどのいわゆる 「葵」とはちょっと違う種類みたいです。

投稿: tak | 2012年5月30日 18時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の気を吸ひてピンクの花びらに吹き込みゐるか薄紅葵:

« 安達太良の山を覆へる黒雲の下で桜は散りゐたるなり | トップページ | 乾きたる初夏の空気の彼方より滲みもせずに夕日は届く »