« 駐車場の砂利かき分けて咲く花を踏まぬようにと車遠のく | トップページ | 青空の見る間に狭くなり果てて遠雷の音の近づくを聞く »

2012年5月27日

道端に群れ咲く赤詰草の上に似つかはしきは初夏の青空

Red clovers come out the best / With blue sky / Of the early summer in Japan


Wl120527

今日は昨日にも増していい天気で、湿度も低く、嫌な汗をかくこともない一日だった。まあ、初夏のいい陽気といえば、もう少し気温が低くて、二十五度にちょっととどかないくらいだと理想的なのだが、温暖化してしまった地球では、贅沢は言えない。

近頃、近所でアカツメクサが増えているような気がする。アカツメクサは明治頃に入ってきた帰化植物なのだそうで、私はつい最近まで見たこともなかったのだが、近頃はどこでも見られるようになった。

帰化植物だけに、からりと晴れ上がった乾いた空に似合う。バーモント州の州花なんだそうで、英語で何というのか、苦労して調べたら、なんのことはない、red clover というのだそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 駐車場の砂利かき分けて咲く花を踏まぬようにと車遠のく | トップページ | 青空の見る間に狭くなり果てて遠雷の音の近づくを聞く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道端に群れ咲く赤詰草の上に似つかはしきは初夏の青空:

« 駐車場の砂利かき分けて咲く花を踏まぬようにと車遠のく | トップページ | 青空の見る間に狭くなり果てて遠雷の音の近づくを聞く »