« 静けくもスーパームーンの名残とて東の空に月は照りゐる | トップページ | 気付かねば聞こえねどふと気付きたれば夜に満ち満つる蛙(かはづ)らの声 »

2012年5月 8日

世の中が木へんと草かんむりのみで溢れ流るる時の加速度


Wl120508

今日はまたよく晴れて、完全に初夏の陽気だ。白いツツジの花が一杯に咲いている。

世の中が緑と様々な花の色に満ちているというのは、心楽しいものだ。枯れ草色ばかりに染められた冬では、こうはいかない。春というのはいっぺんに訪れて、さらに、いっぺんに夏になる。

すごい加速度だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 静けくもスーパームーンの名残とて東の空に月は照りゐる | トップページ | 気付かねば聞こえねどふと気付きたれば夜に満ち満つる蛙(かはづ)らの声 »

コメント

すてきな和歌ですね~
ちょっと現代的な表現もいいな~

投稿: tokiko | 2012年5月10日 18時33分

tokiko さん:

洒落みたいな歌になったかなと思ってましたが、安心しました。

投稿: tak | 2012年5月10日 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世の中が木へんと草かんむりのみで溢れ流るる時の加速度:

« 静けくもスーパームーンの名残とて東の空に月は照りゐる | トップページ | 気付かねば聞こえねどふと気付きたれば夜に満ち満つる蛙(かはづ)らの声 »