« 気付かねば聞こえねどふと気付きたれば夜に満ち満つる蛙(かはづ)らの声 | トップページ | 業厚き娑婆より出でて立ちこめし黒雲は今日晴れむとするか »

2012年5月10日

唐突に広がる川に大粒の雨の波紋は滔々と行く


Wl120510

朝から黒雲が多い割にギラギラした日が射して、いかにも不安定な天気の様相だったが、案の定、昼過ぎから雷が鳴って大粒の雨になった。

とはいえ、雹にはなっていないし、竜巻が起きる様子もない。六日の日曜日よりはずっとマシだ。

裏の川には大粒の雨の波紋が無数に広がり、かなりのスピードで流れている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 気付かねば聞こえねどふと気付きたれば夜に満ち満つる蛙(かはづ)らの声 | トップページ | 業厚き娑婆より出でて立ちこめし黒雲は今日晴れむとするか »

コメント

唐突に広がる川
というと、
あっという間に水かさがあがったということなんでしょうか。
最近の気候は、何でも、強烈なんですね~

投稿: tokiko | 2012年5月12日 13時37分

tokiko さん:

>唐突に広がる川
>というと、
>あっという間に水かさがあがったということなんでしょうか。

そういうことです。
近頃は、唐突な変化が当たり前の天気になりましたね。

投稿: tak | 2012年5月13日 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐突に広がる川に大粒の雨の波紋は滔々と行く:

« 気付かねば聞こえねどふと気付きたれば夜に満ち満つる蛙(かはづ)らの声 | トップページ | 業厚き娑婆より出でて立ちこめし黒雲は今日晴れむとするか »