« 暑き日の沈みかけたる梅雨入りの前の空気は頬に重たし | トップページ | 葦雀 (よしきり) と雲雀の声のさらに遠くラジオの声の聞こゆる土手道 »

2012年6月 3日

水満つる早苗の隙に雲映り遠くのグラウンドに灯のともる頃


Wl120603

近頃は午後六時を過ぎても、空がまだ明るい。まだ稲の隙間が目立つ田んぼに夕暮れの雲が映り込んではいるが、遠くには野球の練習をするグランドの照明が点き始めた。

そろそろ梅雨が遠くない時節になった。このさわやかな気候が続くのも、ほんの少しの間である。今のうちに存分に気持ちよく味わっておこう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 暑き日の沈みかけたる梅雨入りの前の空気は頬に重たし | トップページ | 葦雀 (よしきり) と雲雀の声のさらに遠くラジオの声の聞こゆる土手道 »

コメント

この写真のそのままを詠んだら和歌になっちまった。
すごいな~~~!!

投稿: tokiko | 2012年6月 5日 15時15分

tokiko さん:

「写生」です (^o^)

投稿: tak | 2012年6月 5日 23時45分

うふふ・・・

投稿: tokiko | 2012年6月 7日 20時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水満つる早苗の隙に雲映り遠くのグラウンドに灯のともる頃:

« 暑き日の沈みかけたる梅雨入りの前の空気は頬に重たし | トップページ | 葦雀 (よしきり) と雲雀の声のさらに遠くラジオの声の聞こゆる土手道 »