« 短きは僅か二日の不在にて盛りを逃す薔薇の命よ | トップページ | 人間に要らざる思ひ抱かする昼の名残の空の青さよ »

2012年6月25日

写真にはあらで絵にこそ描きたけれとりどりの薔薇を豊かに盛りて

If I could paint / Rather than taking a photo / Of these rich roses


Wl120625 今日は某お祝いの会のお裾分けで頂いてきたバラの花束を、我が家の花瓶に盛った。

我が家の裏のバラは今年は不作だが、こんなに豊かなバラを調達できたのが、不思議なくらいである。なかなかのものだ。

さっそく写真に撮ってみたが、これを絵に描くことができたらいいだろうなあと思う。自分の絵の下手さ加減が悲しい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 短きは僅か二日の不在にて盛りを逃す薔薇の命よ | トップページ | 人間に要らざる思ひ抱かする昼の名残の空の青さよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真にはあらで絵にこそ描きたけれとりどりの薔薇を豊かに盛りて:

« 短きは僅か二日の不在にて盛りを逃す薔薇の命よ | トップページ | 人間に要らざる思ひ抱かする昼の名残の空の青さよ »