« 耳元にぷーんと小さき羽音して蚊取りマットの季節となりぬ | トップページ | みちのくの五月雨の間の束の間の青空見上ぐ仙台の街 »

2012年6月16日

我が宿の裏を流るる川は今梅雨の姿に変はり行くなり


Wl120616今日はほとんど一日、いかにも梅雨らしいしとしと雨が降り続いた。しかし九州では梅雨らしいしとしと雨ではなく、豪雨になったというから、日本は広い。

明日は仙台に出張だが、現場に到着するお昼頃には、晴れになるという予報である。自分の晴れ男ぶりがありがたい。

写真は我が家の裏の川。水量が増えていかにも梅雨時の姿になっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 耳元にぷーんと小さき羽音して蚊取りマットの季節となりぬ | トップページ | みちのくの五月雨の間の束の間の青空見上ぐ仙台の街 »

コメント

おはようございます~
そのたっぷりの川面のふくらみ
なんだかこわいですね~
そういえば、数年前に護岸工事がありましたから
あふれることは無いと思いますが・・・

投稿: tokiko | 2012年6月17日 12時05分

tokiko さん:

最近は川の拡幅工事、貯水池の設置、下水道整備の合わせ技で、水害からはまったく縁遠くなりました。

夜中に大雨が降っても、安心して寝ています。

投稿: tak | 2012年6月18日 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が宿の裏を流るる川は今梅雨の姿に変はり行くなり:

« 耳元にぷーんと小さき羽音して蚊取りマットの季節となりぬ | トップページ | みちのくの五月雨の間の束の間の青空見上ぐ仙台の街 »