« 牛蛙我が足音を恐るれど蝶舞ひ飛ぶを気にもせず啼く | トップページ | 桃の実の昭和の味のマッチ箱に娑婆の思惑詰まるとぞ知る »

2012年6月 8日

梅雨近き風は雲雀と葦切の鳴き声連れて窓くぐり来る

Humid wind before the rainy season / Come into my room with tweets / Of skylarks and reed warblers


Wl1206081日記今日はかなり暑くなっている。窓を開け放して風を入れても、じっとりと汗ばむほどだ。体がまだ本格的な暑さに慣れていないので、三十度以下でもこんなに暑く感じる。

本格的な夏になったら、これよりさらに十度ぐらい高くなる。それまでに徐々に体を慣らしていけば、昨年の夏のように、エアコンのコンセントを抜きっぱなしでも耐えられるだろう。

ただ、あまり意地になって無理をするのは控えようと思う。何しろ、今年の夏は還暦で過ごすのだから。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 牛蛙我が足音を恐るれど蝶舞ひ飛ぶを気にもせず啼く | トップページ | 桃の実の昭和の味のマッチ箱に娑婆の思惑詰まるとぞ知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨近き風は雲雀と葦切の鳴き声連れて窓くぐり来る:

« 牛蛙我が足音を恐るれど蝶舞ひ飛ぶを気にもせず啼く | トップページ | 桃の実の昭和の味のマッチ箱に娑婆の思惑詰まるとぞ知る »