« 緑なす稲は育ちて田の面に空の蒼さのもはや映らず | トップページ | 我が宿の裏を流るる川は今梅雨の姿に変はり行くなり »

2012年6月15日

耳元にぷーんと小さき羽音して蚊取りマットの季節となりぬ


Wl120615

夜更けまでパソコンに向かって仕事をしていると、裸足の足が痒い。耳を澄ますと、「プーン」 という羽音がする。ついに蚊の飛ぶ季節になったのか。

我が家は自然環境豊かな立地にあるため、夏になるとどこからか蚊が侵入する。そして、蚊取りマットの出番になる。今年初めてこの道具を取り出した。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 緑なす稲は育ちて田の面に空の蒼さのもはや映らず | トップページ | 我が宿の裏を流るる川は今梅雨の姿に変はり行くなり »

コメント

おはようございます~
あら、蚊取りの機械ですか~~
なんだか電気釜かと思いました~~

かわいいデザインですね。

投稿: tokiko | 2012年6月16日 08時33分

tokiko さん:

電気釜の何分の1かという大きさです。
夏の間は、かなりお世話になります。

投稿: tak | 2012年6月16日 13時52分

おはようございます~
そう、
あの蚊の羽音の
ぷ~~~ん
いやだ===!!!あの音は心底ぞっとします。
私は特別さされやすい体質らしい。
私だけをねらって来ます。

投稿: tokiko | 2012年6月17日 12時02分

tokiko さん:

忌まわしい音、ワースト3 というのがあったら、必ず入りますね。

投稿: tak | 2012年6月18日 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 耳元にぷーんと小さき羽音して蚊取りマットの季節となりぬ:

« 緑なす稲は育ちて田の面に空の蒼さのもはや映らず | トップページ | 我が宿の裏を流るる川は今梅雨の姿に変はり行くなり »