« 指で触るのみにてくぼむ紙風船をまろきままにて遊びし昔 | トップページ | アスファルトの水の皮膜は深々と灯を映し出し揺れてゐるなり »

2012年7月 2日

むらぎもに響く鳴き声続かざるこの夏の牛蛙は悲し


Wl120702川の土手に葦が生え放題に生えてきている。さすがに夏なのである。

この葦の中にウシガエルが何匹か潜んでいて、はらわたに響くような声で鳴く。しかし今年のウシガエルは例年ほどの元気がないようで、鳴き声が長続きしない。

なんだか心配なのである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 指で触るのみにてくぼむ紙風船をまろきままにて遊びし昔 | トップページ | アスファルトの水の皮膜は深々と灯を映し出し揺れてゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: むらぎもに響く鳴き声続かざるこの夏の牛蛙は悲し:

« 指で触るのみにてくぼむ紙風船をまろきままにて遊びし昔 | トップページ | アスファルトの水の皮膜は深々と灯を映し出し揺れてゐるなり »