« 真夏日の陽はぎらぎらと茜にも染まることなく沈み行きたり | トップページ | 川土手の中腹までも覆ひたる太き流れとなりて行く川 »

2012年7月17日

梅雨明けの日射し遮る黒雲の果てなく覆ふ坂東の空


Wl120717今日は古河まで行ってきた。栃木県、埼玉県との県境に近い街である。内陸部だけあって、大変な暑さだった。そして五時過ぎに車を運転して帰路につくと、カーラジオが 「茨城全県で洪水警報」 と言いだした。

大雨が降るというのである。その言葉通り、空が急に暗くなって、厚い雲が広がり始めた。写真は渡良瀬川の堤防から、雲の広がりつつある空を撮ったものである。

ただ、あれから雨は降っていない。だから洪水にももちろんなっていない。少しは雨が降ってくれる方が、地面が冷やされてありがたいのだが、どうやら大雨にはならずに済みそうだ。

ただ、天気は不安定なようで、明日からは夕方頃に雨が降るという予報になっている。その分、地面が暖められる一方という事態は避けられそうで、猛暑日びになることもなさそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 真夏日の陽はぎらぎらと茜にも染まることなく沈み行きたり | トップページ | 川土手の中腹までも覆ひたる太き流れとなりて行く川 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明けの日射し遮る黒雲の果てなく覆ふ坂東の空:

« 真夏日の陽はぎらぎらと茜にも染まることなく沈み行きたり | トップページ | 川土手の中腹までも覆ひたる太き流れとなりて行く川 »