« 真夜中に玉子二つの目玉焼き涼しき夏は明日までとぞ | トップページ | 蜩の声静まりて黄昏にただ一匹の牛蛙啼く »

2012年7月22日

注連縄と提灯のみの飾られて黄昏迫る夏祭りの日


Wl120722つくば市を通り抜けて帰宅する途中、注連縄と提灯で飾り付けられた街並みがあった。夏祭りになっているのだろう。

祭とはいえ、今日は御輿や山車の繰り出す日ではないようで、街はひっそりとしている。それがかえってなかなかの風情を醸し出している。

こうした昔からの行事を守り通すというのは、なかなかいいものである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 真夜中に玉子二つの目玉焼き涼しき夏は明日までとぞ | トップページ | 蜩の声静まりて黄昏にただ一匹の牛蛙啼く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 注連縄と提灯のみの飾られて黄昏迫る夏祭りの日:

« 真夜中に玉子二つの目玉焼き涼しき夏は明日までとぞ | トップページ | 蜩の声静まりて黄昏にただ一匹の牛蛙啼く »