« むらぎもに響く鳴き声続かざるこの夏の牛蛙は悲し | トップページ | 刈られても再び三度伸び来たりマロウの花は小さきといへ咲く »

2012年7月 3日

アスファルトの水の皮膜は深々と灯を映し出し揺れてゐるなり


Wl120703久しぶりに本格的な雨降りになった。日がとっぷりと暮れてから取手駅に着くと、アスファルトがすっかり濡れている。

夜の濡れた路面というのは不思議なものである。水の薄い皮膜が、水深のある川か池のように、周囲の灯りを映し出す。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« むらぎもに響く鳴き声続かざるこの夏の牛蛙は悲し | トップページ | 刈られても再び三度伸び来たりマロウの花は小さきといへ咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスファルトの水の皮膜は深々と灯を映し出し揺れてゐるなり:

« むらぎもに響く鳴き声続かざるこの夏の牛蛙は悲し | トップページ | 刈られても再び三度伸び来たりマロウの花は小さきといへ咲く »