« マジョラムの小さき花に蜂たちの吸ひても尽きぬ蜜はあるらし | トップページ | 梅雨空の雲の彼方に七月の入り日は未だ高くあるらし »

2012年7月 6日

黄昏に小雨来たりて夜更けては音ばかりなる大雨となりぬ


Wl120706今日はもう、本当に忙しい一日だった。一日中机に向かって原稿を書いていた。

夕方にパラパラと音がしたのでちょっとだけ外に出てみると、雨が降り始めていて、それが夜になると大雨に変わった。

ただ、こちらとしてはあまり外に出てもいないので、別の世界の出来事のように感じられた。ちょっと感性が鈍っていたかもしれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« マジョラムの小さき花に蜂たちの吸ひても尽きぬ蜜はあるらし | トップページ | 梅雨空の雲の彼方に七月の入り日は未だ高くあるらし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黄昏に小雨来たりて夜更けては音ばかりなる大雨となりぬ:

« マジョラムの小さき花に蜂たちの吸ひても尽きぬ蜜はあるらし | トップページ | 梅雨空の雲の彼方に七月の入り日は未だ高くあるらし »