« 風変わり里の空気はすつぽりと入れ替わりたり高き青空 | トップページ | 真夜中に玉子二つの目玉焼き涼しき夏は明日までとぞ »

2012年7月20日

ふた月も季節の戻る涼しさと天気予報の言へる黄昏


Wl1207201昨日から妙に涼しい。夕暮れに裏の川の土手を散歩すると、肌寒いほどの風である。

天気予報は、季節が二ヶ月ほど戻った涼しさだと言っている。とすれば、今日は五月中頃の天気なのか。

しかし、五月中頃は同じ気温でも 「暖かくなった」 と感じていた。今は着ているものが完全に夏服というせいもあるのだろうが、「肌寒い」 と感じる。

季節がどっちに向かっているかということで、体の感覚が違ってくるというのも、おもしろい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風変わり里の空気はすつぽりと入れ替わりたり高き青空 | トップページ | 真夜中に玉子二つの目玉焼き涼しき夏は明日までとぞ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふた月も季節の戻る涼しさと天気予報の言へる黄昏:

« 風変わり里の空気はすつぽりと入れ替わりたり高き青空 | トップページ | 真夜中に玉子二つの目玉焼き涼しき夏は明日までとぞ »