« 注連縄と提灯のみの飾られて黄昏迫る夏祭りの日 | トップページ | 坂東の古代蓮てふ花の上に見えざる仏座する夏の日 »

2012年7月23日

蜩の声静まりて黄昏にただ一匹の牛蛙啼く


Wl120723今日、つくば市方面での仕事を終えて帰ってくる時、市街地を外れるとヒグラシの声が一杯だった。急に暑さが戻って、セミたちも活性化してしまったのだろうか。

高台を降りて自宅に戻ると、セミの声は静まっていて、その替わりにウシガエルの声が響いていた。

空は暮れかかっていた。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 注連縄と提灯のみの飾られて黄昏迫る夏祭りの日 | トップページ | 坂東の古代蓮てふ花の上に見えざる仏座する夏の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蜩の声静まりて黄昏にただ一匹の牛蛙啼く:

« 注連縄と提灯のみの飾られて黄昏迫る夏祭りの日 | トップページ | 坂東の古代蓮てふ花の上に見えざる仏座する夏の日 »