« 黄昏に小雨来たりて夜更けては音ばかりなる大雨となりぬ | トップページ | 宵闇の新幹線を潜り抜け尾張のネオンに迎へられたり »

2012年7月 7日

梅雨空の雲の彼方に七月の入り日は未だ高くあるらし


Wl120707忙しい。あまり忙しいと言うと、人付き合いが悪くなるから言うものではないのだが、それにしても、やっぱり忙しい。

今日も某会合から帰ってきて、夕方から PC に向かってキーボードを叩き詰めだ。

写真は帰ってくる時の景色。梅雨空の中でちょっと雲の薄くなったあたりに、七月初旬の太陽はまだ高くあるらしい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 黄昏に小雨来たりて夜更けては音ばかりなる大雨となりぬ | トップページ | 宵闇の新幹線を潜り抜け尾張のネオンに迎へられたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空の雲の彼方に七月の入り日は未だ高くあるらし:

« 黄昏に小雨来たりて夜更けては音ばかりなる大雨となりぬ | トップページ | 宵闇の新幹線を潜り抜け尾張のネオンに迎へられたり »