« いにしへの都の盆の青空の真澄みに澄みて白雲流る | トップページ | 雷の遠離りまた近づきて濃き水蒸気昇り降りす »

2012年8月17日

土色の流れとなりて宇治川の流るる水は何を語るか



1345203285139.jpg

京都が集中豪雨でひどい目にあっていたなんて、来てみて初めて知った。とくに宇治市内の被害がひどかったらしい。

宇治川の流域まで来てみるとと水量はすっかり減っていたが、水の色は泥のように濁っていて、低いところには水害の跡が如実に残っていた。

この夏は本当に集中豪雨の被害が大きい。

|

« いにしへの都の盆の青空の真澄みに澄みて白雲流る | トップページ | 雷の遠離りまた近づきて濃き水蒸気昇り降りす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土色の流れとなりて宇治川の流るる水は何を語るか:

« いにしへの都の盆の青空の真澄みに澄みて白雲流る | トップページ | 雷の遠離りまた近づきて濃き水蒸気昇り降りす »