« 妙高の高原の秋に紫陽花の不思議に白き花の咲きゐる | トップページ | 風吹かず立つ水蒸気動かざる故郷の空は暮れていくなり »

2012年8月11日

戸隠の山懐のその奥に鎮まる神の響き聞きたり


Wl120811 四年前の六月に果たせなかった (参照)、戸隠神社奥社への参拝が、今日叶った。

四年前には長野県一帯に大雨洪水警報が出て、翌日の仕事はきちんと晴れた中でできたのだが、戸隠神社の奥社までは土砂降りで行けなかったのだった。

今日は晴れ過ぎもせず、降りもせずという天気で、あまり汗もかかずに奥社まで行けた。お盆休みの土曜日だけあって、びっくりするほどの人出だった。もう少し静かだったら、なお良かったのだが。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 妙高の高原の秋に紫陽花の不思議に白き花の咲きゐる | トップページ | 風吹かず立つ水蒸気動かざる故郷の空は暮れていくなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戸隠の山懐のその奥に鎮まる神の響き聞きたり:

« 妙高の高原の秋に紫陽花の不思議に白き花の咲きゐる | トップページ | 風吹かず立つ水蒸気動かざる故郷の空は暮れていくなり »