« 廃線を轟音立てて走りたる機関車はさぞ熱かりきとや | トップページ | 肥後の国の夜をゆつくりと切り裂きて市街電車は走り過ぐるなり »

2012年8月31日

待ちゐたる雨は降るには降りたれど地面を冷やすほどには降らざり


Wl120831 今日は午後三時頃に一時的に雨が降るという予報で、久しぶりのお湿りを期待した。確かに降るには降ったらしいのだが、地面を冷やすほどの雨にはほど遠かった。

写真は小貝川の流れ。青空を映して輝いている。

明日は最終便で熊本に向かう。北海道があれほど暑かったのだから、熊本の暑さはなおさらだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 廃線を轟音立てて走りたる機関車はさぞ熱かりきとや | トップページ | 肥後の国の夜をゆつくりと切り裂きて市街電車は走り過ぐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待ちゐたる雨は降るには降りたれど地面を冷やすほどには降らざり:

« 廃線を轟音立てて走りたる機関車はさぞ熱かりきとや | トップページ | 肥後の国の夜をゆつくりと切り裂きて市街電車は走り過ぐるなり »