« 雷の遠離りまた近づきて濃き水蒸気昇り降りす | トップページ | 神風 (かむかぜ) の伊勢の苔生す杉の根のその底深く眠る心よ »

2012年8月19日

まぶしさの残暑の日射し受けながら百日草は路地裏に咲く


Wl120819 夕方前から連日の雷雨に見舞われるとはいえ、関西に昼は基本的にカンカン照りだ。気温はどんどん昇り、汗が噴き出る。

路地にヒャクニチソウが咲いている。夏の日を受けて元気いっぱいだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 雷の遠離りまた近づきて濃き水蒸気昇り降りす | トップページ | 神風 (かむかぜ) の伊勢の苔生す杉の根のその底深く眠る心よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まぶしさの残暑の日射し受けながら百日草は路地裏に咲く:

« 雷の遠離りまた近づきて濃き水蒸気昇り降りす | トップページ | 神風 (かむかぜ) の伊勢の苔生す杉の根のその底深く眠る心よ »