« 新盆の夜は何事もなく更けて国道を行く車も静まる | トップページ | 渋滞を横目で眺め五百キロの道のり辿り戻り来たりき »

2012年8月14日

ちはやぶる丸池様の水面に太古の緑熔けて輝く


Wl120814 従姉妹が嫁いだ遊佐町の家を訪ねた。鳥海山の麓にある自然に囲まれた所である。

その家から少し行くと、丸池様という沼がある。ここは大物意味神社のご神域で、魚などは捕ってはならないとされる。

湧き水だけでできている沼で、年間を通じて水温がほとんど変化しないので、倒木が朽ちずにそのままの姿で沈んでいる。水面はエメラルドグリーンに輝いている。まさに神秘の沼である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 新盆の夜は何事もなく更けて国道を行く車も静まる | トップページ | 渋滞を横目で眺め五百キロの道のり辿り戻り来たりき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちはやぶる丸池様の水面に太古の緑熔けて輝く:

« 新盆の夜は何事もなく更けて国道を行く車も静まる | トップページ | 渋滞を横目で眺め五百キロの道のり辿り戻り来たりき »