« 乾きたる土を覆へる枯れ草の色も焼け付く川土手の道 | トップページ | 真青なる残暑の空の陽を受けて頭を垂るる今日の稲穂よ »

2012年8月22日

いにしへに影の射すとぞ言ひけるもむべなるかなと思ふ空色


Wl120822 猛烈な残暑で、今日も一日かんかん照りだった。早く雨が降ってくれないと、地面の冷える時がないが、向こう一週間はそれも期待できそうにない。

こんなに降らないと、そのうち台風でどっと来そうで、そっちの方も心配になる。

こんなにかんかん照りだと、青空が明るいというよりも、深く濃すぎて、古代人が光のことも 「影」 と称した感覚がわかる気がする。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 乾きたる土を覆へる枯れ草の色も焼け付く川土手の道 | トップページ | 真青なる残暑の空の陽を受けて頭を垂るる今日の稲穂よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いにしへに影の射すとぞ言ひけるもむべなるかなと思ふ空色:

« 乾きたる土を覆へる枯れ草の色も焼け付く川土手の道 | トップページ | 真青なる残暑の空の陽を受けて頭を垂るる今日の稲穂よ »