« 水面の下には長き脚を沈め首を伸ばして魚を追ふ鷺 | トップページ | 季節とは日暮れて進むものなれば残暑を嗤ふ虫たちの声 »

2012年9月 8日

完熟の果肉が剥がれ種のみがするりと残る桃ぞ嬉しき


Wl120908 先日、父の一周忌の帰り道に、福島で買ってきた桃を食べた。ちょっと多めに買ったので、全部食べきるまでに時間がかかった。

桃は熟して熟して、腐りかける一歩手前が一番美味しい。この桃はちょうどそのタイミングで食すことが出来た。

ジューシーな果肉が、真ん中の種からするりと剥がれるぐらいに熟している。舌触りが最高だった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 水面の下には長き脚を沈め首を伸ばして魚を追ふ鷺 | トップページ | 季節とは日暮れて進むものなれば残暑を嗤ふ虫たちの声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 完熟の果肉が剥がれ種のみがするりと残る桃ぞ嬉しき:

« 水面の下には長き脚を沈め首を伸ばして魚を追ふ鷺 | トップページ | 季節とは日暮れて進むものなれば残暑を嗤ふ虫たちの声 »