« 湧き上がる巨大積乱雲の下で日照りを破る雨は降るらむ | トップページ | みちのくの土産の梨と桃の色の夏の終わりを告げてぞ香る »

2012年9月 3日

夕暮れに我を迎えて鳥海は雲の帽子を取りてみせたり


Wl120903 小樽、熊本に続いて、今度は父の一周忌の法要のために、酒田に帰ってきている。このところ、旅から旅への旅ガラスで、さすがに少し疲れた。

写真は、酒田の待ちの夕暮れ。太平洋側の天気はあまりよくないようだが、日本海側の酒田は青空がみえる。

鳥海山も雲の帽子をかぶっていたが、徐々に薄れて最後には全貌が見えた。ただしその頃には暗くなりすぎて、写真には写らなかった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 湧き上がる巨大積乱雲の下で日照りを破る雨は降るらむ | トップページ | みちのくの土産の梨と桃の色の夏の終わりを告げてぞ香る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れに我を迎えて鳥海は雲の帽子を取りてみせたり:

« 湧き上がる巨大積乱雲の下で日照りを破る雨は降るらむ | トップページ | みちのくの土産の梨と桃の色の夏の終わりを告げてぞ香る »