« 大いなる石の隙間の小さきも石垣をなす石にこそあれ | トップページ | カーテンの隙よりのぞく宵闇に彼岸の雨の降り残りたり »

2012年9月22日

をちこちの旅より戻り坂東のいと早き日の入りに驚く


Wl120922 日の暮れるのがめっきり早くなってきた。写真は午後六時頃に寄った、ホームセンターの駐車場の風景である。つい最近まで、北海道に行ったり九州に行ったりしていたので、関東の日の入りがこんなに早くなっていることに気付かなかった。

北海道は、秋分前は緯度的に日が長いし、九州は経度的に日の入りが遅いのである。

明日は秋分の日だ。ということは、明日を境に、夜の時間の方が速くなるのである。「秋の日はつるべ落とし」 というのを、しみじみ実感するようになる。

今日あたりは、大分涼しくなって、汗もかかずに済んだ。涼しくなるのはいいが、あっという間に日が暮れるようになると、何となく心がしんみりとし過ぎてしまうような気がするのである。

暑苦しくなくて、それでいて日が長い、ヨーロッパの五月頃というのが、うらやましく感じる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 大いなる石の隙間の小さきも石垣をなす石にこそあれ | トップページ | カーテンの隙よりのぞく宵闇に彼岸の雨の降り残りたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: をちこちの旅より戻り坂東のいと早き日の入りに驚く:

« 大いなる石の隙間の小さきも石垣をなす石にこそあれ | トップページ | カーテンの隙よりのぞく宵闇に彼岸の雨の降り残りたり »