« 野分より伸びたる雲は大粒の雨を落として去るも疾きなり | トップページ | 神に向く折れざる心この土地に続き来たりて天仰ぐなり »

2012年9月17日

昼までに野分は過ぎて動かざるものの残れり長崎の地に


Wl120917台風は、今日の朝に長崎に最接近した。かなりの雨風で、窓に叩きつけられる雨音が、さすがに南国の台風だと感じさせた。

それも昼頃には抜けて、朝鮮半島に向かったようだ。夜になると、ホテルの窓からの夜景が美しく見えた。さすがに観光地である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 野分より伸びたる雲は大粒の雨を落として去るも疾きなり | トップページ | 神に向く折れざる心この土地に続き来たりて天仰ぐなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼までに野分は過ぎて動かざるものの残れり長崎の地に:

« 野分より伸びたる雲は大粒の雨を落として去るも疾きなり | トップページ | 神に向く折れざる心この土地に続き来たりて天仰ぐなり »