« 肥後の国の夜をゆつくりと切り裂きて市街電車は走り過ぐるなり | トップページ | 夕暮れに我を迎えて鳥海は雲の帽子を取りてみせたり »

2012年9月 2日

湧き上がる巨大積乱雲の下で日照りを破る雨は降るらむ


Wl120902 写真は、今日熊本から帰ってくる時の飛行機から見えた、超特大入道雲。写真の右奥に見えるのが、ごく普通の入道雲だから、スケールがまったく違う。

こんなのができるぐらいだから、東京にゲリラ豪雨が降るのもわかる。とにかくものすごく不安定な天気のようなのだ。

猛暑の日照りが続いていたと思うと、今度は大雨というのだから、「ごく普通の天気はないのか」 とも言いたくなるが、昨今の日本の天気は、こんなようなものになってしまったんだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 肥後の国の夜をゆつくりと切り裂きて市街電車は走り過ぐるなり | トップページ | 夕暮れに我を迎えて鳥海は雲の帽子を取りてみせたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湧き上がる巨大積乱雲の下で日照りを破る雨は降るらむ:

« 肥後の国の夜をゆつくりと切り裂きて市街電車は走り過ぐるなり | トップページ | 夕暮れに我を迎えて鳥海は雲の帽子を取りてみせたり »