« をちこちに街の灯映す水溜まり残りて秋の風渡りゐる | トップページ | 完熟の果肉が剥がれ種のみがするりと残る桃ぞ嬉しき »

2012年9月 7日

水面の下には長き脚を沈め首を伸ばして魚を追ふ鷺


Wl120907 白鷺が久しぶりに裏の川に来た。川の真ん中まで歩を進めると、脚がほとんど水中に没し、もう少しで腹まで水に浸かりそうである。

首を伸ばして水中の魚の気配を追い、ここぞという瞬間に、頭を水の中に突っ込んで捕らえる。その敏捷さはなかなかのものである。

川面がわずかながら、秋の色になってきつつある。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« をちこちに街の灯映す水溜まり残りて秋の風渡りゐる | トップページ | 完熟の果肉が剥がれ種のみがするりと残る桃ぞ嬉しき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水面の下には長き脚を沈め首を伸ばして魚を追ふ鷺:

« をちこちに街の灯映す水溜まり残りて秋の風渡りゐる | トップページ | 完熟の果肉が剥がれ種のみがするりと残る桃ぞ嬉しき »