« テーブルに籠一杯の香りして既に蜜柑の季節となりぬ | トップページ | 鴨汁に蕎麦を浸して立ち昇る香りとともに啜り込みたり »

2012年10月15日

鎌倉の風は適度に湿りゐて三十年の昔思はる


Wl121015

今日はほぼ三十年ぶりに鎌倉に行った。残念ながら、遊びではなくて仕事なので、あまりあちこち見ることはできなかったが、せっかくなので鶴岡八幡宮と円覚寺だけは、超特急で酸敗した。

写真は鶴岡八幡宮から海の方向を見渡したところだが、残念ながら海までは見えない。

日本中あちこちに行っている割りには、近場の鎌倉はずっとご無沙汰だった。ちょうど中途半端な距離なのかもしれない。しかし、今度はゆっくり来たいと思ったのであった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« テーブルに籠一杯の香りして既に蜜柑の季節となりぬ | トップページ | 鴨汁に蕎麦を浸して立ち昇る香りとともに啜り込みたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉の風は適度に湿りゐて三十年の昔思はる:

« テーブルに籠一杯の香りして既に蜜柑の季節となりぬ | トップページ | 鴨汁に蕎麦を浸して立ち昇る香りとともに啜り込みたり »