« 鎌倉の風は適度に湿りゐて三十年の昔思はる | トップページ | わが友をこの世に生みてくれしことかたじけなしと人を見送る »

2012年10月16日

鴨汁に蕎麦を浸して立ち昇る香りとともに啜り込みたり


Wl121016

今日は一段と涼しくなった。最高気温は昨日より三度も低かったらしい。

涼しくなると、鴨せいろが食べたくなる。それで、今日の昼飯は奮発してしまった。守谷の玉川という店の鴨せいろである。

もっと寒くなったら、鴨南蛮が食べたくなるかもしれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 鎌倉の風は適度に湿りゐて三十年の昔思はる | トップページ | わが友をこの世に生みてくれしことかたじけなしと人を見送る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鴨汁に蕎麦を浸して立ち昇る香りとともに啜り込みたり:

« 鎌倉の風は適度に湿りゐて三十年の昔思はる | トップページ | わが友をこの世に生みてくれしことかたじけなしと人を見送る »