« 旅人の目で見る街のただ中に我とつながるいのち潜めり | トップページ | 残暑過ぎ花芽の焼けず開きたる木槿の白の目にぞ涼しき »

2012年10月 4日

青空の下で魚追ふ鷺たちの白き姿の揺るる川面よ


Wl121004 今朝、十羽ぐらいの白鷺が一斉に裏の川に舞い降りて、魚を漁っていた。白鷺も大勢で群れると壮観である。

そして今日のように天気がいいと、青空を映した川面に白い姿の像も重なって、なかなか風情がある。

白鷺たちは思い思いの格好でバラバラのポーズを決めているので、写真としてどうかなと思ったが、そのバラバラ加減がなかなかいい感じになっている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 旅人の目で見る街のただ中に我とつながるいのち潜めり | トップページ | 残暑過ぎ花芽の焼けず開きたる木槿の白の目にぞ涼しき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空の下で魚追ふ鷺たちの白き姿の揺るる川面よ:

« 旅人の目で見る街のただ中に我とつながるいのち潜めり | トップページ | 残暑過ぎ花芽の焼けず開きたる木槿の白の目にぞ涼しき »