« 十六夜の月といふより望月の全き丸みの月ぞ見上ぐる | トップページ | 旅人の目で見る街のただ中に我とつながるいのち潜めり »

2012年10月 2日

日暮れての上野の駅の灯は白く都会の秋に溶け込みて行く


Wl121002 日中は少し暑かったが、日が暮れたらすっかり秋の気配である。夜の上野駅の明かりは、涼しい秋の空気の中に吸い込まれていく。

明日は仕事で群馬県の高崎市まで、車で行く。快適なドライブになりそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 十六夜の月といふより望月の全き丸みの月ぞ見上ぐる | トップページ | 旅人の目で見る街のただ中に我とつながるいのち潜めり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日暮れての上野の駅の灯は白く都会の秋に溶け込みて行く:

« 十六夜の月といふより望月の全き丸みの月ぞ見上ぐる | トップページ | 旅人の目で見る街のただ中に我とつながるいのち潜めり »