« 晩秋の空は雲居に覆はれて店の灯りで暮るるとぞ知る | トップページ | 今日からは冬晴れと吹く木枯らしの季節となるを待つ我ならむ »

2012年11月 6日

背の中に頭(かうべ)を埋め木枯らしを受け始めたる川に立つ鴨


Wl121106 このところの雨模様で、裏の川の水量が少しだけ増えている。増えているとはいっても、夏ほどではなく、少し川底の露出しているところもあるが。

鴨の集団がやってきて、羽を休めている。頭を背中の羽根の中に埋めているので、よく見ないと石ころのようにしか見えないが、確かに鴨である。

あれは水に浮かんでいるのではなく、川底に足をつけて立っているのだろう。ということは、まだまだ水量は少ないということだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 晩秋の空は雲居に覆はれて店の灯りで暮るるとぞ知る | トップページ | 今日からは冬晴れと吹く木枯らしの季節となるを待つ我ならむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背の中に頭(かうべ)を埋め木枯らしを受け始めたる川に立つ鴨:

« 晩秋の空は雲居に覆はれて店の灯りで暮るるとぞ知る | トップページ | 今日からは冬晴れと吹く木枯らしの季節となるを待つ我ならむ »