« 様々に曲がりくねりて進むとも行き着く先の真直ぐなれかし | トップページ | 一年で一番短き三日間の三が日てふ日は終はるなり »

2013年1月 2日

神仏を詣でて願ふこともなしただありがたき思ひなりけり


Wl130102 箱根駅伝の往路の模様を見届けてから、恒例の初詣のはしごに出かけた。我が家から約四・五キロメートル先の板橋不動を往復し、その途中にある神社をすべてお参りするというウォーキングだ。

これは五年前から始めたことで、五年前はほとんど小走り状態で往復できたが、還暦を過ぎた今年はさすがに帰り道で少し疲れたような気がした。それでも、「もうこりごり」 とは思わずにすんでいるので、来年もまたやるだろう。

写真は、板橋不動の本殿と三重塔、鐘楼。元旦だとお参りできるまでに一時間並ばなければならないが、今日は三十分で済んだ。

初詣といっても、ことさらに神仏に願うようなこともない。ただ無事を感謝するのみである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 様々に曲がりくねりて進むとも行き着く先の真直ぐなれかし | トップページ | 一年で一番短き三日間の三が日てふ日は終はるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神仏を詣でて願ふこともなしただありがたき思ひなりけり:

« 様々に曲がりくねりて進むとも行き着く先の真直ぐなれかし | トップページ | 一年で一番短き三日間の三が日てふ日は終はるなり »