« 旅に来て一夜明くれば黒雲の下に煙れる天橋立 | トップページ | 冬の日を百年受けて晒されてわずかに歪む京の家並みよ »

2013年2月16日

日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空


Wl130216 今日は尼崎市まで足を伸ばした。時々小雪が舞う天気ではあったが、仕事は概ね順調に進んだ。

写真は夕暮れの京都駅新幹線口の風景。明日は帰るだけなので、少し京都の街を散策して行こうと思う。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 旅に来て一夜明くれば黒雲の下に煙れる天橋立 | トップページ | 冬の日を百年受けて晒されてわずかに歪む京の家並みよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空:

« 旅に来て一夜明くれば黒雲の下に煙れる天橋立 | トップページ | 冬の日を百年受けて晒されてわずかに歪む京の家並みよ »