« 梅咲かぬ寒の戻りの木枯らしの収まる空に高き望月 | トップページ | 甘酒の湯気に生姜の香のありて今夜のつくばは雪になるとふ »

2013年2月25日

輝ける春の光を横切りて真冬の風の吹きすさぶ午後


Wl130225 二月は 「光の春」 で、三月は 「風の春」 と言われる。今日はまさに、光は春で、風は冬だった。

写真はつくば市に向かう道沿いにある畑。明るい日射しだが、冷たい強風が吹きまくる。風が吹くと、畑の土が舞い上がって砂嵐になる。

この寒さは明日もまだ続くらしい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 梅咲かぬ寒の戻りの木枯らしの収まる空に高き望月 | トップページ | 甘酒の湯気に生姜の香のありて今夜のつくばは雪になるとふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輝ける春の光を横切りて真冬の風の吹きすさぶ午後:

« 梅咲かぬ寒の戻りの木枯らしの収まる空に高き望月 | トップページ | 甘酒の湯気に生姜の香のありて今夜のつくばは雪になるとふ »