« 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空 | トップページ | 紅梅の咲く春は今人々の心のうちに訪れてあり »

2013年2月17日

冬の日を百年受けて晒されてわずかに歪む京の家並みよ


Wl130217京都二条城から西陣、北野天満宮の辺りをそぞろ歩きした。古い町屋が残っていて、いかにも京都の下町という風情の街並みが続いている。

長屋もかなり残っていて、よく見るとみな、微妙に歪んでいる。我が家の周囲でも、東日本大震災で微妙に傾いている家があるが、それ以上の傾き方だ。

これもまた、大したものである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空 | トップページ | 紅梅の咲く春は今人々の心のうちに訪れてあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の日を百年受けて晒されてわずかに歪む京の家並みよ:

« 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空 | トップページ | 紅梅の咲く春は今人々の心のうちに訪れてあり »