« 少しずつ膨らむ梅の芽の内に潜める春を遠くに眺む | トップページ | 木枯らしを受けて光れるその高さ百メートルの DNA よ »

2013年2月22日

夕焼けに焼くる雲とてなき空の冷たき果てに赤き日は落つ


Wl130222 昨日からずっと青空が続いている。今日も昼前に少し曇ったものの、夕方前には持ち直して快晴になった。

夕方前に快晴になられても、日が暮れた後の世界は放射冷却で冷やされるばかりである。日は赤く落ちても、空は冷たい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 少しずつ膨らむ梅の芽の内に潜める春を遠くに眺む | トップページ | 木枯らしを受けて光れるその高さ百メートルの DNA よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕焼けに焼くる雲とてなき空の冷たき果てに赤き日は落つ:

« 少しずつ膨らむ梅の芽の内に潜める春を遠くに眺む | トップページ | 木枯らしを受けて光れるその高さ百メートルの DNA よ »