« 冬晴れの丹後の国を彷徨ひて遙かに望む天橋立 | トップページ | 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空 »

2013年2月15日

旅に来て一夜明くれば黒雲の下に煙れる天橋立


Wl130215 日昨日の夕暮れ時は綺麗な青空まで見えていたのに、夜が明けてみると、天橋立はどんよりとした雲の下で煙って見えた。

それから雨が降り出して、一日中雨模様。晴れ男の私にとって、出張先でこんなにまともな雨に見舞われるのは本当に珍しい。多分一パーセントもないことだ。

ただ、天気予報通りなら雪になるところだったので、雨なら上々ということもできる。明日は阪神の辺りに行く。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 冬晴れの丹後の国を彷徨ひて遙かに望む天橋立 | トップページ | 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅に来て一夜明くれば黒雲の下に煙れる天橋立:

« 冬晴れの丹後の国を彷徨ひて遙かに望む天橋立 | トップページ | 日の射して雲広がりて雪は舞ひまた日の戻る都路の空 »