« 人間はさほど複雑にはあらで青空見ればスイッチぞ入る | トップページ | 夕焼けに焼くる雲とてなき空の冷たき果てに赤き日は落つ »

2013年2月21日

少しずつ膨らむ梅の芽の内に潜める春を遠くに眺む


Wl130221 今日も昨日に続いて天気は良かったが、相変わらず風は冷たく、震える一日だった。とはいえ、春は確実に近づいてきているようだ。

我が家の庭の梅は超遅咲きなので、今頃からそわそわしてもしょうがない。とはいえ、少しずつ芽の膨らんできているのをみると、少しは楽しみになる。

花が咲くのは多分一月も先になるというのはわかっている。のんびりと待つほかない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 人間はさほど複雑にはあらで青空見ればスイッチぞ入る | トップページ | 夕焼けに焼くる雲とてなき空の冷たき果てに赤き日は落つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 少しずつ膨らむ梅の芽の内に潜める春を遠くに眺む:

« 人間はさほど複雑にはあらで青空見ればスイッチぞ入る | トップページ | 夕焼けに焼くる雲とてなき空の冷たき果てに赤き日は落つ »