« 満開の桜は灯り滲む宵その散り時を思案するらむ | トップページ | 枯葉色は消え失せにけり土手ははや早緑色に覆はれむとす »

2013年3月29日

川越しに望むは遙か屏風絵に描きたる如き花曇りなり


Wl130329 今日は妙に暖かい曇り空の日だった。近所の岡堰の向こう側に咲く桜も煙っている。絵に書いたような花曇り。

明日はまた気温が下がるという。なかなか季節感が定まらない。天気の変化が激しいのが春の常とはいえ、冬になったり初夏になったりで、激しすぎるところがある。

週末は花吹雪になるだろうと思っていたが、冷え込みのせいで満開が長引くかもしれない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 満開の桜は灯り滲む宵その散り時を思案するらむ | トップページ | 枯葉色は消え失せにけり土手ははや早緑色に覆はれむとす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川越しに望むは遙か屏風絵に描きたる如き花曇りなり:

« 満開の桜は灯り滲む宵その散り時を思案するらむ | トップページ | 枯葉色は消え失せにけり土手ははや早緑色に覆はれむとす »