« 一日を冷たく濡らす雨上がり夜更けとなりて乾く道筋 | トップページ | 川越しに望むは遙か屏風絵に描きたる如き花曇りなり »

2013年3月28日

満開の桜は灯り滲む宵その散り時を思案するらむ


Wl130328 今日はまたしても暖かい一日になって、外を歩くと汗ばむほどだった。あまりにも暖かすぎて、日のあるうちにまともな写真を撮っておくのを忘れてしまい、とっぷりと暮れてから、ほとんど間に合わせ的な写真を撮った。

我が家の前の街灯である。そのままでは何がなんだかわからない写真だったが、明るさを調節してみたら、向こうの家のシルエットまではなんとなくわかるようになった。

春のおぼろが表現されたということで、使わせていただく。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 一日を冷たく濡らす雨上がり夜更けとなりて乾く道筋 | トップページ | 川越しに望むは遙か屏風絵に描きたる如き花曇りなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の桜は灯り滲む宵その散り時を思案するらむ:

« 一日を冷たく濡らす雨上がり夜更けとなりて乾く道筋 | トップページ | 川越しに望むは遙か屏風絵に描きたる如き花曇りなり »