« 五分咲きの梅は日毎の春嵐を耐へて満開に近づかんとす | トップページ | うらうらと照る久方の春の日に散るを忘れて香る白梅 »

2013年3月14日

春嵐に散り残りたる白梅に宿る命を寿ぎて見る


Wl130314 我が家の庭の白梅は、五分咲きの段階を越え、もうすぐ七分咲きだ。昨日の猛烈な春雷にも、どうやら耐えてくれたようだ。

これが七分咲きを越えるぐらいのタイミングだと、風に負けて散りやすくなる。まだ咲いたばかりの梅というのは、結構強い。

明日が明後日あたりに満開になるだろう。それまであまり強い風が吹かないでもらいたいものだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 五分咲きの梅は日毎の春嵐を耐へて満開に近づかんとす | トップページ | うらうらと照る久方の春の日に散るを忘れて香る白梅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春嵐に散り残りたる白梅に宿る命を寿ぎて見る:

« 五分咲きの梅は日毎の春嵐を耐へて満開に近づかんとす | トップページ | うらうらと照る久方の春の日に散るを忘れて香る白梅 »