« 花てふは如何なる兆しを自らの咲き時として咲くものならむ | トップページ | 散る花の降り積もりたる地に立てば人の心の定まれるあり »

2013年4月 6日

満開の十日続きし桜花今宵の雨と風に散るらむ


Wl130406 夕方過ぎから大嵐になるというので仕事先から早めに帰宅したが、言われるほどの大荒れではない。確かに雨も降り、風も強いが、尋常じゃないほどの強さじゃない。

これなら、先日の春嵐の方がずっとひどかった。あの時は家が揺れたもの。

とはいえ、これで茨城県南地方の桜はすっかりと散ってしまうのだろうなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 花てふは如何なる兆しを自らの咲き時として咲くものならむ | トップページ | 散る花の降り積もりたる地に立てば人の心の定まれるあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 満開の十日続きし桜花今宵の雨と風に散るらむ:

« 花てふは如何なる兆しを自らの咲き時として咲くものならむ | トップページ | 散る花の降り積もりたる地に立てば人の心の定まれるあり »