« 里山と雲居の果ての狭間には幻のごとき雪のアルプス | トップページ | 花散りて久しき頃に春といふ季節の仕切直しの夕焼け »

2013年4月21日

暖かきうどんをすすり湯気までも体の中に取り入れにけり


Wl130421 今日もまた冷え込んだので、夜遅く帰宅してから暖かいうどんを食べた。具にみずなを載せてみた。

帰宅する前は掻揚せいろそばを食べたのだが、さすがに暖かいものが欲しくなったので、改めてこれにしたわけである。

明日からはまた少し暖かくなるらしいが、本当に天気の変わる幅が大きいので、用心が必要だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 里山と雲居の果ての狭間には幻のごとき雪のアルプス | トップページ | 花散りて久しき頃に春といふ季節の仕切直しの夕焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暖かきうどんをすすり湯気までも体の中に取り入れにけり:

« 里山と雲居の果ての狭間には幻のごとき雪のアルプス | トップページ | 花散りて久しき頃に春といふ季節の仕切直しの夕焼け »