« 幾重にも連なり見ゆる山襞に若き自分の面影を見る | トップページ | 暖かきうどんをすすり湯気までも体の中に取り入れにけり »

2013年4月20日

里山と雲居の果ての狭間には幻のごとき雪のアルプス


Wl130420写真は甲州のホテルの窓から見た朝の景色。よく見ると、向こうの雲の下に雪を戴く南アルプスの山が見える。

いつもの年なら、桃の花が咲き乱れる桃源郷に迷い込めるはずだったのだが、土地の人に 「ごめんね、桃はいつもより十日も早く咲いて、もう散っちゃっただよ」 と謝られた。

そんなわけで、桃が散った今頃になって、冬のような寒さに震える出張となった。本当に近頃の天気は油断がならない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 幾重にも連なり見ゆる山襞に若き自分の面影を見る | トップページ | 暖かきうどんをすすり湯気までも体の中に取り入れにけり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 里山と雲居の果ての狭間には幻のごとき雪のアルプス:

« 幾重にも連なり見ゆる山襞に若き自分の面影を見る | トップページ | 暖かきうどんをすすり湯気までも体の中に取り入れにけり »