« 彼方では雲雀揚がりて間近なる鶯の声堂に入りたり | トップページ | 満開の十日続きし桜花今宵の雨と風に散るらむ »

2013年4月 5日

花てふは如何なる兆しを自らの咲き時として咲くものならむ


Wl130405春の日射しの中で、水仙が咲きそろっている。本当に、いつの間にか本格的な春になってしまった。

花というのは、どんな変化を見計らって自分の咲き時と判断するのだろうか。いったんは咲こうと思いつつ、「いや、まだまだ」 などと逡巡したりすることはないのだろうか。

そして、花によって気の早いやつと慎重なやつがいたりはしないのだろうか。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 彼方では雲雀揚がりて間近なる鶯の声堂に入りたり | トップページ | 満開の十日続きし桜花今宵の雨と風に散るらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花てふは如何なる兆しを自らの咲き時として咲くものならむ:

« 彼方では雲雀揚がりて間近なる鶯の声堂に入りたり | トップページ | 満開の十日続きし桜花今宵の雨と風に散るらむ »