« 夕暮れのさざ波渡る田の面 (おも) に雲居の影の朧なりけり | トップページ | 週に二度厚着と薄着繰り返すうちに赤詰草は咲きたり »

2013年5月 3日

行く川を渡れる風の道沿いに波紋織りなす模様浮きたり


Wl130503 今日も涼しいというか、肌寒いぐらいの一日だった。明日からはまともな五月になるというのだが、本当に近頃の天気は振幅が大きい。

夕暮れの川面に、波紋のバリエーションによる模様ができている。水の流れと風の流れの合わせ技で、こうした模様ができるのだろうが、本当に自然というのは微妙なものである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夕暮れのさざ波渡る田の面 (おも) に雲居の影の朧なりけり | トップページ | 週に二度厚着と薄着繰り返すうちに赤詰草は咲きたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行く川を渡れる風の道沿いに波紋織りなす模様浮きたり:

« 夕暮れのさざ波渡る田の面 (おも) に雲居の影の朧なりけり | トップページ | 週に二度厚着と薄着繰り返すうちに赤詰草は咲きたり »