« 早き梅雨のさほど低くもなき雲の流るる下の薄紅葵 | トップページ | のっぺりと広き関東平野なる景色の中の茨城県庁 »

2013年5月30日

梅雨に入りて暮れゆく土手に犬を引き引かれて通る人の絶えざり


1 梅雨入りして、小雨が時折降る一日。なかなか本降りにはならずに済んでいる。

暮れていく土手の道を、犬の散歩の人が通る。犬を引いて行く人、引かれて行く人、様々だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 早き梅雨のさほど低くもなき雲の流るる下の薄紅葵 | トップページ | のっぺりと広き関東平野なる景色の中の茨城県庁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨に入りて暮れゆく土手に犬を引き引かれて通る人の絶えざり:

« 早き梅雨のさほど低くもなき雲の流るる下の薄紅葵 | トップページ | のっぺりと広き関東平野なる景色の中の茨城県庁 »